賃貸を引き払う時には、2か月以上のゆとりを持って計画的に行動すると引越し準備などがしやすくなります。

そう簡単に決まらない賃貸住宅
そう簡単に決まらない賃貸住宅

余裕を持った賃貸の引越し

賃貸アパートやマンションから引越しをするときには、なるべく余裕をもって行動したほうが何かとお得です。賃貸アパートやマンションの退去が決まったら、退去通知を出す必要があります。退去通知を出して正当な手続きを踏んでから引越しをすれば、自身も気持ちがいいし、大家さんも気持ちよく送り出してくれるはずです。

賃貸物件を退去するときには、入居時に大家さんに預けた保証金である敷金を返してもらえますが、慌ただしく引越しをしてしまうと、希望通りの敷金を返してもらえない事もあります。理不尽な原状回復費の請求をされても、急いでいると抗議するのが面倒になってしまい、その請求に従ってしまう傾向があります。しかし、引越しをするまで2か月ほどの余裕があると、原状回復費に納得がいかなければ抗議ができるし、敷金トラブルに関連する機関に相談して間に入ってもらうこともできます。

また、引越しがきまったら、普段から水回りなどを良く掃除をして綺麗にしておけば、敷金の返金率がアップすることもあります。また、引越しをする前にはそれまでお世話になった隣の住民等に挨拶をする事も大事です。賃貸の場合、タイミングが合わないとなかなか顔を合わせる事が難しいですが、引越しするまで余裕があれば挨拶もしやすくなります。

Copyright (C)2017そう簡単に決まらない賃貸住宅.All rights reserved.